読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうゆうブログ 

美味しい食べ物と子供とお出かけブログ

レゴランド・ディスカバリーセンター大阪でアトラクションを楽しむ

今日は息子と何度か行った事のある

レゴランドディスカバリー・センター大阪

アトラクションについて書こうと思います。

日本でレゴランドディスカバリー・センターは

2017年1月現在、東京のお台場大阪の天保山の2か所しかありません。

(4月に名古屋で日本初の野外テーマパーク型レゴランドが出来る予定)

 レゴブロックで遊べるのは勿論のこと、4D映画、乗り物等色々あります。

 

基本的には3歳から10歳までの子供と家族を対象とした、

レゴプロデュースの屋内型施設ですが、

3歳以下や、10歳以上のお子様でも大丈夫、との事。

レゴが好きなら、是非とも行ってみたいですよね!

 

f:id:nyuuko:20170115153636j:plain

 

レゴランドディスカバリー・センター大阪の基本情報】

    住所:〒552-0022  

       大阪市港区海岸通1−1−10

       天保山マーッケットプレース3階 

       レゴランドディスカバリー・センター大阪    

 問い合わせ:06-6573-6010

  営業時間:【平日】10:00-19:00(最終入場17:00)    

       【土日祝】/10:00-20:00(最終入場18:00)    

   定休日:休館日あり(HPにて確認)

    料金:【当日窓口】2,300円/名(3歳以上)2歳以下無料

       【オンライン予約】2,000円/名(3歳以上)2歳以下無料

交通アクセス:【車】 阪神高速湾岸線・大阪港線:

          「 天保山」ICより約5分(有料駐車場完備)

       【電車】・大阪駅発(環状線内回り)→弁天町

            弁天町(市営地下鉄中央線コスモスクエア行)

            →大阪港下車 徒歩約7分 

           ・JRゆめ咲駅線「ユニバーサルシティ」駅下車

            シャトル船で約10分

       【バス】大阪市バス「天保山ハーバービレッジ」下車すぐ      

         ・大阪駅から88系「天保山」行(乗車時間約50分・料金210円)

         ・なんば駅から60系「天保山」行(乗車時間約40分・料金210円)

   駐車場:1300台  

       【平日】200円/30分(最大料金1,200円)

       【土日祝】250円/30分(最大料金2,000円)

       *ゴールデンウイーク、お盆中は最大料金無し

 

レゴランド大阪の場所】

   まず、レゴランドディスカバリー・センター大阪(以後レゴランド

  のある場所ですが大阪の天保山マーッケットプレース内3階にあります。

  マーッケットプレースには海遊館、大阪文化館も隣接しており、

  1日中いても飽きない施設が揃っています。 

 

 【入場の際の注意点】

  レゴランド注意点その①

  大人だけでは入れない

  子供のための施設なので、基本的には大人だけで入場は出来ません。

  ただし、レゴ好きな大人向けには

  「大人のレゴナイト」が開催されています。

 

  レゴランド注意点その②

  年間パス保有者以外は再入場出来ません。

 

  レゴランド注意点その③

  飲食物の持ち込み禁止

  センター内での飲食物の持ち込みは禁止されています。

  飲食物はセンター内のカフェでの購入のみとなります。

  *アレルギー食、離乳食、水筒は持ち込み可

 

   レゴランド注意点その④

  靴下が必要

  プレーゾーンで遊ぶには、必ず靴下を着用していないと入れません。

  冬場は裸足で来る事はないかと思いますが、

  夏場はサンダルで来たために靴下がない!なんて事も。

 

   レゴランド注意点その⑤

  一部アトラクションで身長、年齢制限あり

  *キングダムクエスト 130㎝以下は大人と同乗

   *マーリン・アプレンティス 90㎝以上(90㎝~120㎝は大人と同乗)

  *プレーゾーン 90㎝~150㎝まで(要靴下!)

  *デュプロファーム 2歳~5歳対象

 

レゴランド大阪の混雑状態は?】

 レゴランド大阪に行くなら朝一番か、夕方が狙い目。

 特に土日のお昼過ぎは混雑します。

 すぐ隣に海遊館や大阪文化館があるので、

 午前中にそこで遊んだ人たちが昼を挟んで流れて来たり、

 予め外でお昼ご飯を食べてから入場する人も多いようです。

 *レゴランド大阪では再入場不可のため(年間パス保持者除く)

 

 おススメなのはなんと言ってもやはり平日。空いています。

 平日が難しいようなら土日祝の10時のオープン同時入場か、

 夕方16時以降が空いています。しかも16時以降なら事前予約

 で一人1,600円と言うお得なチケットが入手出来ます。

    

【アトラクション】

写真はレゴランド入口です。

f:id:nyuuko:20170112215537j:plain

 中に受付があり、チケットを購入したり、

前売り券の提示をします。

 

入場すると、何組かずつ順番に入って行きます。

(この時写真を撮られます。購入するか否かは自由。)

一定数しか入れないのはレゴ・ファクトリーツアーのため。

最初の部屋はレゴのブロック工場見学となっており、

モニターに映るミニフィグの髪型、顔、服をレバーで操作し、

自分だけのオリジナルのミニフィグをデザインします。

デザインするだけで、ミニフィグは貰えませんが、

その変わり、黄色いレゴブロックが1つ貰えます。

 

ファクトリー・ツアーが終わると後は

自分たちのペースで好きに遊べます。

 

 キングダムクエスト

f:id:nyuuko:20170112221443j:plain

入場してすぐ右手にあるアトラクションです。

プリンセスを助ける冒険へ、乗り物に乗って出かけます。

 

中の撮影が禁止されていたので外しか撮れませんでしたが、

薄暗い中、トロールや骸骨が出てきます。

4歳の娘が怖がるかも、と思いきや、大喜びでした。

レーザーガンで敵をシューティングするゲーム

ヒットすると点数が出るので面白いです。

 

冒険中、写真撮影があり、出来た写真は

出口で購入出来るようになっています。

*身長制限あり( 130㎝以下は大人と同乗)

 

レゴニンジャゴートレーニングキャンプ 

f:id:nyuuko:20170112221810j:plain

キングダムクエストの奥にある、忍者キャンプです。 

いくつかの忍者修行があるのですが、

断トツ人気はレーザー光線をくぐり抜ける!

スパイになった気分でテンションが上がります。

f:id:nyuuko:20170112222001j:plain

レーザーのレベルを1から3まで選ぶ事が出来、大人もかなり楽しいです。

勿論、私もしました!

気分はMIPでした。

別にレーザーに引っかかっても

ブザーが鳴る訳でも何でもないのでご安心下さい。

 

 レゴシティ・プレイゾーン

f:id:nyuuko:20170112222410j:plain

大きなブロックや滑り台もある屋内型アスレチック。

多分、入場した子供は全員一度は入るかと思われます。

混んでくると、時間制限(15分)があります。

ゾーンのすぐそばに椅子があり、親が座って待っていれるようになっています。

 

また、ゾーンでは必ず靴下を着用しなくてはいけません。

入口のスタッフの方がチェックしていますので、

ゾーンで遊びたいと思っているなら必ず靴下を履いて行きましょう。

*身長制限あり(90㎝~150㎝まで)

 

 マーリン・アプレンティス 

f:id:nyuuko:20170112222625j:plain

魔法使いマーリンの実験室に入り空を飛ぶ、というコンセプトです。

乗り物にはペダルが付いており、自分で漕いで高さを調整します。

早く漕げば漕ぐほど高く上がるようになるので

普段運動をしていない私は結構大変でした。

 

飛行中、荷物が落ちたりしないように、

エリア内に一時荷物置き場があります。

必ず手ぶらで搭乗するようになっています。

 *身長制限あり(90㎝以上 90㎝~120㎝は大人と同乗)

 

レゴスタジオ・4Dシネマ 

f:id:nyuuko:20170112223959j:plain

飛び出す3Dに加え、水しぶきや風を体感できる4Dムービーです。 

現在レゴランド大阪ではネックスナイツを始め、3つのシネマを観る事が出来ます。

上映開始時間はシネマ入口に掲示されています。

f:id:nyuuko:20170112224017j:plain

上映時間は大体15分くらいですが、どのシネマも面白く、

中には雪が降ってくるものもありました。

(4歳の娘は3D映像が怖かったようで、眼鏡を外して見ていました)

時間帯によるんでしょうが、午前中なら早くから待たなくても

十分入れるかと思います。

土日のお昼からは少し混むので早めに並んだ方が良いかも知れません。

 

マスター・ビルダー・アカデミー

f:id:nyuuko:20170113095655j:plain

プロのビルダーから作品の作り方を教えてもらえる教室。

レゴ社から公式に認定されているビルダーの数は世界でたったの13人

その中の一人、レゴランド大阪の専属ビルダー中山かんなさん

楽しく、分かりやすく教えてくれます。

 

参加方法は、教室の前に貼りだしてあるスケジュールを見て予約表に名前を書き、

開始5分前に教室前に集合したらさぁ、始まりです。

非売品のオリジナルキットをビルダーに教えてもらいながら作成します。

何を作るのかは毎月変更されます。

2017年1月は、キツネです。

(残念ながら、キットは持ち帰ることは出来ません)

 

ミニランド

f:id:nyuuko:20170113101857j:plain

大阪の街を、レゴで作っており圧巻です。

大阪城通天閣、道頓堀、天保山等、誰もが知っている大阪の街が

100万個ものレゴを使って作られています。

朝、昼、晩と照明が変わり、

夜になるとライトが付き、大阪の夜景を楽しめます。

ボタンを押すと、川からゴジラも出てきたりして面白い仕掛けも見られます。

私たちは昨年2016年の夏に行ったのですが、

ミニランドの中にネックスナイツのミニフィグが隠れていたりして

見つけるのが楽しかったです。

 

また、入って直ぐ右手に子供が四つん這いで入れるトンネルがあります。

レゴ作品の中に顔を出せるようになっており、

沢山の人たちが自分の子供達の写真を撮っていました。

 

レゴフレンズ オリビアハウス

f:id:nyuuko:20170114172413j:plain

女の子向けのレゴ、フレンズシリーズの世界を再現しています。

全体的にパステルカラーでキッチンなどあり、

レゴランドで唯一女の子らしいエリアです。

 

レゴレーサー ビルド&テスト

f:id:nyuuko:20170114172555j:plain

男の子に大人気のコーナー。

自分で作ったレゴの車を走らせる事が出来ます。

お父さん達も、子供達と一緒に真剣に作っていました。

どんな車を作ったら早く走らせる事が出来るのか、

何度もトライ出来るので熱が入るようです。

 

デュプロファーム

f:id:nyuuko:20170114221112j:plain

滑り台や大きなブロック、デュプロブロックが沢山ある

小さな子供専用のスペースです。

デュプロ(2倍)どころか子供が乗れる程大きな

牛や犬のレゴもあり、カラフルなエリアはさながら絵本の中の

楽しい牧場のようです。

ここにはやわらかいマットが敷いてあるので小さな子供も安全に遊べます。

※対象年齢2歳〜5歳

 

 グラグラシェイク

f:id:nyuuko:20170115155504j:plain

 アトラクションと言う程でもないのか

名前が特に書かれていなかったので勝手に命名しました(笑)

その名もグラグラシェイク。

f:id:nyuuko:20170115160227j:plain

上写真の右に見えるSTARTボタンを押すと、

自分で作った左側のレゴ作品が揺れます。

揺れの強さはノブを左右に回すと強弱の調整出来き、

STOPボタンで停止させる事が出来ます。

 

グラグラと自分で揺らす強さを変えれるので、

子供達は結構楽しそうに遊んでました。

 

カフェ

f:id:nyuuko:20170114173045j:plain

レゴランドの一番奥にあります。

持ち込み無しなのに、食事らしいものが

カレー(600円)ホットドック(450円)おにぎり(150円)

サンドイッチ(380円~)位しかなく、後は

ポップコーンやマフィン等のおやつ系しかありません。

 

ここはもう少し、改善して欲しいと個人的に思っています。

爽健美茶が200円。高いです!

f:id:nyuuko:20170114205754j:plain

 

トイレ

f:id:nyuuko:20170115155231j:plain

アトラクションではありませんが、可愛かったのでご紹介。

トイレの扉にレゴキャラが描かれています。

f:id:nyuuko:20170115155324j:plain

洗面台にもレゴが飾られており、

トイレにもレゴ世界満載でした。

 

ショップ

f:id:nyuuko:20170114212931j:plain

出口を出ると、ショップがあります。

このショップはレゴランド入場者以外の人も、利用可能です。

豊富な種類のレゴブロックはもちろん、

キーホルダーや、グッズもありました。

ディスカウントなど特にないのでお値段は高めですが

(年間パスポート保有者のみ10%オフ)

自分でオリジナルのミニフィグを作れるビルドアミニフィグや、

好きなパーツを量り売りで購入できるピックアブリック等があり、

思わず何か記念に買って帰りたくなってしまいます。

 注意!

 営業時間は11:00スタートで、入場時間10:00とズレています。

 10時に入場して11時までに出る人はほぼいないと思うので、

 あまり関係ないかも知れませんね。

 

以上が2017年1月現在のレゴランド大阪の全アトラクションです。

全てのアトラクションを廻ったとしても、

おおよそ2~3時間で楽しむ事が出来ますよ。

興味を持たれましたら是非一度遊びに行って見てくださいね。

 

www.legolanddiscoverycenter.jp

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定