読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうゆうブログ 

美味しい食べ物と子供とお出かけブログ

春休み家族旅行 大阪から鳥取県へその3)水木しげるロード編

大阪から米子から来た私たちが翌日目指したのは境港にある

 水木しげるロード

 今回の旅行の最大の目的地です。

 

f:id:nyuuko:20170319152854j:plain

 

宿泊先のゆるりからはちょうど車で30分

国道431号線を、ひたすら北上します。

ほぼ一本道を進むだけなので、

脱ペーパードライバー歴半年の私でも、かなり気楽に運転出来ました。

 

初めての境港の印象は、

 街がゲゲゲの鬼太郎一色!

 あっちもこっちも鬼太郎だらけっ!!

 

正直私はそんなに期待はしていなかったのですが、

 

凄いっ!

楽しいっ!!

 

街全体が鬼太郎のテーマパークの様で

来訪者の気分を盛り上げてくれます♪

f:id:nyuuko:20170319153051j:plain

警察署も鬼太郎、郵便ポストも鬼太郎、トイレも鬼太郎です。

f:id:nyuuko:20170319153102j:plain

 

それでは、妖怪ムード満載の水木しげるロードをご紹介しようと思います♪

 

 

駐車場の場所 

駐車場ですが、境港駅周辺に駐車場が幾つも点在しています。

私たちは駅の東側にある港沿いの境港駅前駐車場を利用しました。

▼駐車場の料金/日ノ出駐車場・境港駅前・大正町
・入場から1時間まで30分ごとに100円
・入場から1時間を超えて4時間まで1時間ごとに100円
・入場から4時間を超えて24時間まで一律600円
(24時間以降は上記の繰り返しになります)

 (出典:水木しげる記念館)

 

水木しげるロードの楽しみ方

街全体が妖怪ムード満載なので、普通に歩いているだけでも楽しめます(笑)

でも、プラスα楽しむには、是非とも入手して頂きたい物が。

それは

 

妖怪ガイドブック

f:id:nyuuko:20170319175143j:plain

このガイドブックには、妖怪153体の説明が書かれています。

そして、スタンプラリー台帳にもなっているんです♪

ガイドブックは駅すぐ傍にある境港市観光協会にて入手出来ますよ!(120円)

f:id:nyuuko:20170319175217j:plain

スタンプは全部で37個。

全部集めた人には「完走証」が与えられます。

20個以上36個以下の人にはシール。

娘と息子は29個ゲットしました。

 

そしてもう一つ、もしゲット出来るなら

鬼太郎ちゃんちゃんこ

を入手する事をお勧めします!

 

水木しげるロードでは、

鬼太郎ちゃんちゃんこが売られています。

そして、これを来て街を歩くと本当に鬼太郎になり切れます。

 

ただ一つの難点。結構高い。

値段を忘れたのでアマゾンで検索してみたら3,740円でした。

鬼太郎ちゃんちゃんこ 子供用100?120

鬼太郎ちゃんちゃんこ 子供用100?120

 

 店頭ではそこまで高くなかったような気が・・・?

いずれにせよ私には高かったので、夫が息子に買ってあげていました(笑)

 

鬼太郎大好きなので、帰阪してからも暫く毎日着ていましたよ。

あれから1年経ちましたが、先日も着てました。

 

モノはしっかりしており、丁寧な作りです。

4,000円近くもするのですからこれでクオリティが低かったら怒りますよね(笑)

 

水木しげるロードの歩き方

JR境港駅から水木しげる記念館までの全長約800mの道を

水木しげるロード、と言います。

f:id:nyuuko:20170319200534j:plain

道沿いには153体もの妖怪ブロンズ像が並び、

妖怪ショップや妖怪グルメ(?)を楽しむ事が出来ます。

f:id:nyuuko:20170319200628j:plain

*妖怪茶屋の妖怪ラテ(360円~)コースターも鬼太郎の漫画です!

 

古びたお店も結構あるのですが妖怪ブロンズがあちこちあるこの道では全く違和感がなく、それがかえって良い味を出していました。

 

 遊ぶ場所はある?

妖怪ブロンズや、グッズを見るだけでは満足出来ないのが子供。

(お兄ちゃんは妖怪ブロンズを見るだけで大興奮でしたが:笑)

 

水木しげるロードに子供が遊べるような所はあるのか、

と言われると次の2か所ではないでしょうか。

 

水木しげる記念館

こちらは「記念館」なので、子供はどうかな?と思っていたのですが

妖怪のオブジェやジオラマが沢山あり子供達は大喜びでした。

f:id:nyuuko:20170319202517j:plain

特にジオラマは薄暗い中にあって迫力満点。

息子は何度も引き返して見てました。

ボタンを押すと、妖怪の短いお話が流れてくる物もあったりして

なかなか面白かったです。

 

f:id:nyuuko:20170319211014j:plain

また、私も妖怪好き?で「ゲゲゲの女房」も見てたので

水木しげるさんについて色々展示されていた館内は大変興味深かったです。

ただ大人が読みたいような場所は子供は素通りでした(笑)

 

ゲゲゲの妖怪楽園

もう一つは妖怪ラテが飲める妖怪茶屋がある場所なのですが

何故か射的などのレトロなゲームが楽しめる縁日小屋があったり、

鬼太郎の家や、一反木綿の遊具もあります。

f:id:nyuuko:20170319203848j:plain

ただ、それだけしかないのであまり長い時間遊ぶのは難しいかも知れません。

 

この他にも妖怪広場で河童の泉にコインを投げたり、

オブジェから顔を出したりして楽しむ事が出来ました。

f:id:nyuuko:20170319204843j:plain

 

水木しげるロードでの食事

食事場所は道沿いに沢山あります。

色々ありますが、やはり漁師町の境港に来たからには海鮮を食べるのがおススメ。

に関しては、何と水揚げ日本一なんだそうです!

 

私たちはと言うと、急に雨が降って来た事もあり、

すぐ近くにあった古くからあるお店に入りました。

パッと入ったお店だったので、名前が分からず。スミマセン。

美味しい蟹汁や、海鮮丼を頂きました。

 

この他にもまぐろラーメン、神戸ベーカリー(妖怪パンあり)、

浜のごっつぉ屋(一反木綿焼き)等、食べてみたくなる物が沢山あります。

色々な物が妖怪を絡めているので眺めているだけで楽しいです♪

 

その他のお楽しみ

妖怪たちと記念撮影

水木しげるロードでは鬼太郎猫娘ねずみ男などがウロウロしています。

ねずみ男は着ぐるみでもやはりダラシナイ感じで見かけた娘は

「絶対に一緒に撮りたくない」と言ってました(笑)

f:id:nyuuko:20170319210901j:plain

*ちょっと髪の毛が怖い鬼太郎

 

鬼太郎列車

 私たちは米子から車で境港まで行ったのですが、

米子から境港までは妖怪列車も通っています。

列車は鬼太郎ねずみ男、ねこ娘、目玉おやじ、こなきじじい、砂かけばばあの6種類。

駅名も米子は「ねずみ男駅」境駅は「鬼太郎駅」となっていて、とっても楽しそう!

 

注意したいのは、運行中の全ての列車が妖怪列車ではない事。

どの列車がどの時間に走るのかは毎日変わるので、

お目当ての列車がある方はJR米子支社(Tel 0859-32-8056)

まで問い合わせて下さいね!所要時間45分(片道320円)

 

 最後に

水木しげるロードは街を挙げて妖怪の世界を盛り上げていて、

本当に楽しい場所でした。

5時間かけて頑張って運転した甲斐があったと言うものです。

 

行ってみて驚いたのは、子供達だけでなく大人の方も大勢来ていた事。

やはり漫画やテレビで何度も放送されて来た事が大きいんでしょうね。

夫も私も小さい頃、鬼太郎をアニメで見ていたので

子供達と同じように楽しめました。

 

それに、やはり妖怪は怖いけど魅力的な存在だったりします。

こんな時代になっても、自分たち人間を超える存在に

多くの人たちが思いを巡らせるなんて、ロマンを感じます。

 

帰阪直後、ゲゲゲの鬼太郎(アニメ)第5シリーズの

再放送が突如終了してしまいションボリ。

終わり方も尻切れトンボで子供達は結構ショックを受けていました。

(私もです:泣)

 

子供だけでなく、大人も楽しめる鬼太郎

またお話を再開して欲しいです!

 

次は旅の後半、大山につてい書こうと思います。

 

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定